JFMA (Japan Foundationbolt Manufactures Association) 建築用アンカーボルトメーカー協議会

JIS B 1220 構造用両ねじアンカーボルトセットABR

JIS B 1220 転造メートル並目ねじ 図

素材

転造ねじにおけるねじ部有効断面積(Ae)の軸部断面積(Ab)に対する比率は、公称約95%で実数値では92〜96%の範囲にあります。この比率が素材の降伏比(降伏点/引張強度)を下回ると軸部が降伏する前にねじ部で破断し、アンカーボルトに所定の伸び能力を付与することができなくなります。JIS G 3138 SNR400B、SNR490B材はいずれも降伏比の上限が80%に制限されているため、このアンカーボルトでは大きな塑性変形能力が保証されています。
この素材の伸び性能を確保するために、絞り成形等の冷間加工を施さず素材に直接ねじを転造しなければなりません。
この場合、所定のねじ精度を得るためには、素材の軸径の寸法精度を厳しく制限する必要があります。

ねじ

転造加工によるねじのサイズは、アンカーボルトとしての使用実績及び設備の加工能力からM16〜M48となっています。
ねじの形状寸法は、JIS B 0205-2のメートル並目ねじとし、その許容差は施工時の環境を考慮してJIS B 0209-3のはめあい区分「粗」の8gとなっています。

JIS B 1220 ABRアンカーボルトの形状及び寸法

単位:mm

ねじの呼び
(d)
ねじのピッチ
軸部径(Φds) 長さ(lt) ねじの長さ(b)
基準寸法 最大 最小 偏径差 最小 許容差 最小 許容差
M16214.5414.6614.410.29400+10
0
48+ 8
0
M182.516.2016.3316.070.2945054
M202.518.2018.3318.070.3050060
M222.520.2020.3320.070.3055066
M24321.8522.0021.690.3660072+10
0
M27324.8525.0024.690.3667581
M303.527.5127.6727.340.3875090
M333.530.5130.6730.340.3882599
M36433.1733.3432.990.40900108+13
0
M39436.1736.3435.990.40975117
M424.538.8339.0138.640.431,050+20
0
126
M454.541.8342.0141.640.431,125135
M48544.4844.6844.280.461,200144

ナット及び座金の形状及び寸法(ABR)

単位:mm

ナットの形状 座金の形状
ねじの呼び
(d)
ねじのピッチ ナットの高さ(m) ナットの二面幅(S) 座金の内径(dw) 座金の外径(D) 座金の厚さ(t)
基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差
M16213±0.9240
‒ 0.8
18+ 0.8
‒ 0
320
‒ 1.0
4.5(5)±0.5
M182.515272036
M202.516302240
M222.518320
‒ 1.0
24446±0.7
M24319±1.0362648
M27322413056
M303.5244633+1.0
‒ 0
600
‒ 1.2
8
M333.526503663
M36429550
‒ 1.2
3966
M39431±1.2604272
M424.534654578
M454.5367048850
‒ 1.4
M485387552+ 1.2
‒ 0
92

(注1)座金の厚さの括弧内の数値はステンレス鋼製座金(ABR520SUS)の場合を示す。

■炭素鋼製ナットの機械的性質
強度区分 保証荷重(N/mm2 硬さ(HV) ねじ精度
5J 610 146〜319 7H
■ステンレス鋼製ナットの機械的性質
鋼種区分 強度区分 保証荷重(N/mm2 ねじ精度
A2 50 500 7H
■炭素鋼座金及びステンレス鋼製座金の機械的性質
硬さ区分 硬さ
ビッカース硬さ(HV) ロックウェル硬さ(HRC)
最小 最大 最小 最大
200J 200HV 400HV 11HRC 41HRC

ABRアンカーボルトの性能

■ABR400及びABR520SUSの性能
ねじの呼び 基準軸径
(mm)
軸部断面積
(mm2
ねじ部有効断面積
(mm2
引張耐力(kN)(注1)(注4) せん断耐力(kN)(注2)(注4)
短期許容耐力(注5) 全塑性耐力 設計用最大耐力 短期許容耐力 最大耐力
M1614.5416615736.939.050.721.336.3
(47.3)
M1816.2020619245.148.462.926.044.3
(57.6)
M2018.2026024557.661.179.433.256.6
(73.3)
M2220.2032030371.275.297.841.169.9
(91.2)
M2421.8537535383.088.111547.981.4
(106)
M2724.8548545910811414862.4106
(138)
M3027.5159456113214018276.2129
(169)
M3330.5173169416317222494.1161
(208)
M3633.17864817192203264111189
(245)
M3936.171,030976229242315132225
(293)
M42(注3)38.831,1801,120263277360152259
(336)
M4541.831,3701,310282
(308)
295
(322)
384
(419)
163
(178)
303
(393)
M4844.481,5501,470316
(345)
333
(364)
433
(473)
182
(199)
339
(441)
■ABR490の性能
ねじの呼び 基準軸径
(mm)
軸部断面積
(mm2
ねじ部有効断面積
(mm2
引張耐力(kN)(注1) せん断耐力(kN)(注2)
短期許容耐力(注5) 全塑性耐力 設計用最大耐力 短期許容耐力 最大耐力
M1614.5416615751.054.070.229.444.4
M1816.2020619262.467.087.036.054.3
M2018.2026024579.684.511046.09.3
M2220.2032030398.510413556.985.7
M2421.8537535311512215966.499.9
M2724.8548545914915820586.0130
M3027.51594561182193251105159
M3330.51731694226238309130196
M3633.17864817266281365154231
M3936.171,030976317335436183276
M42
(注3)
38.831,1801,120364384499210317
M4541.831,3701,310386404525223371
M4844.481,5501,470434457594251416

(注1) 短期許容引張耐力pba=Ae・F 全塑性引張耐力pbp=Ab・F 設計用最大引張耐力pbu=1.3Ab・F Ae:ねじ部有効断面積, Ab:軸部断面積, F:鋼材の基準強度

(注2) せん断耐力は、ねじ部有効断面積に基づいて算定されている。

(注3) ABR-M42の耐力は、軸部径が38.83mmであるため、F値の低減はしていない。

(注4) 表中括弧内の数値はABR520SUSの性能を示す。

(注5) JIS B 1220:2015 規格に規定されている耐力性能は短期許容耐力(ねじ部引張降伏耐力の最小値)のみであるが、上表には参考値としてその他耐力値も掲載している。