JFMA (Japan Foundationbolt Manufactures Association) 建築用アンカーボルトメーカー協議会

アンカーボルトQ&A

基本および性能

M16未満やM100超えはなぜ規格にないのか?
露出柱脚用に使用されているアンカーボルトサイズを調査して、M16未満はほとんど使用されておらず、上限のボルトサイズも露出形式の柱脚に使用されている柱サイズを考えて上限をM100としています。この規格で設定しているアンカーボルトABR400、ABR490、ABM400、 ABM490では、サイズM16からM100まででねじ部降伏耐力を37kNから2060kNまで網羅しており、通常の建築構造用のアンカーボルトとしての設計範囲は十分網羅しています。