JFMA (Japan Foundationbolt Manufactures Association) 建築用アンカーボルトメーカー協議会

アンカーボルトQ&A

座金

座金をベースプレートに溶接してよいか?
JIS B 1220規格で使用される座金については、溶接加工することを想定していない為、座金使用材料としては機械構造用炭素鋼(SC)材等が一般に採用されており、 ボルト材料のSN材のように溶接割れ等の溶接欠陥発生防止の配慮について規定されていません。 また溶接の熱影響によりベースプレート自体に熱変形ひずみが生じる可能性もあり、座金を直接ベースプレートに溶接することについては、望ましいことではありません。