JFMA (Japan Foundationbolt Manufactures Association) 建築用アンカーボルトメーカー協議会

アンカーボルトQ&A

ねじ

ABM(切削ねじ)の材料は、なぜ降伏比が小さいのか?
切削細目ねじは、ねじ部が軸部の85%程度の断面積となっているため、軸力が作用すると、ねじ部のみが集中的に伸びるため、降伏点をある程度以下に抑えた伸びやすい材料を使わないと、構造用アンカーボルトが求めるアンカーボルト全体の伸びは期待できません。そのため、ABM400、ABM490では75%以下と定められています。