JFMA (Japan Foundationbolt Manufactures Association) 建築用アンカーボルトメーカー協議会

アンカーボルトQ&A

材料

降伏比の意味は?
「降伏比」は鋼材の「降伏点」を「引張強さ」で割った値です。その意味は引張強さの何%の応力で降伏(塑性伸び)するかを表しています。即ち降伏比が低いほど鋼材の降伏後の伸び能力と耐力上昇が大きくなります。構造用アンカーボルトは地震時の大きな塑性歪を吸収し、ボルト降伏後の伸びや耐力を保証するために降伏比を低くしています。降伏比の規制のない材料で製作したアンカーボルトは軸部が塑性変形する前に、ねじ部破断をおこす可能性が大きいのです。